施工実績

お客さま宅に設置しました実際の施工事例をご紹介します。

水道の水圧を有効に使うご提案により、コストダウンが実現しました。

横浜市港北区 U様邸

お客さまのお住まいのマンションには減圧弁(水圧を下げる器具)が設置されていました。このため、水道の水圧が低く一定になっているので、給湯器のパワーを上げてもその効果はあまり発揮できない状況になっていました。
お客さまには給湯器の能力(号数)についてご説明させていただき、またお2人でお住まいということもあり、元々ついていたハイパワーの24号から、パワーと価格のバランスが良い20号への交換をご提案させていただきました。メーカーについては、お客さまがパロマをお選びになりましたが、決め手は、限りなく白に近い色が気に入ったとのことでした。

やはり製品の色も大切な要素であることを再確認いたしました。
施工後湯量を確認していただきましたが、これだけ出れば充分だと喜んでおられました。
24号から20号にした分の浮いたお金で今日はおいしい物が食べれると仰っていました。

施工例01

リモコンのボタン・表示サイズが大きく広角ワイド表示のリンナイ製に満足

神奈川県鎌倉市 Y様邸

メーカーによる違いのご質問をいただいたので、
1.機能的に大きな違いは無いこと
2.リモコンは、ボタンの大きさや配置も含め好みがあるので、リモコンで比べてお好みのものをお選びになられたらとご提案いたしました。
御年輩の方でしたので、ボタン・表示のサイズが大きく、広角ワイドで表示が見やすいリンナイ製をお勧めしました。施工後とても喜んでいただきました。

施工例02

15年目の2穴タイプから、最新の1穴タイプに交換して大満足

神奈川県秦野市 ST様邸

お客様が現在までお使いだったのは、15年目の自然循環追い焚き式(隣接2穴タイプ)給湯器でした。
いずれは浴室リフォームをお考えの様でしたので「でしたら強制追い焚き式(1穴タイプ)にしておけば将来リフォームの際も給湯器はそのままお使いになれます」とご提案しましたところ、1つ穴の据置型オート20号をお選びになりました。
現在お使いの隣接2穴タイプは、1つ穴タイプなどの主流品に比べると流通量が少ない関係でどうしても割高になってしまいます。

1つ穴は2つ穴と違い、沸いたお湯を手でかき混ぜる必要がないので快適です。
同じ価格帯で条件が合えば、これからも2穴→1穴を勧めて行きたいと思います。

施工例03

パロマ ガス給湯器 PH-20LXT

排気方式を変更して快適になりました。

横須賀市K邸

これまでお使いの給湯器は、BF式(自然給排気)と言って、壁に大きな開口があるのが特徴です。
今回は取扱いも簡単・快適な、最新のFF式(強制給排気)に変更しました。
以前の開口部は、取替キットで安全に塞ぐ形で施工しております。
古いタイプの給湯器でも、取替キットが各メーカー充実しておりますので、安心して最新型のものに交換することが可能です。
最新の給湯器に変わったお客さまの感想は、
「何よりも 種火がなくなったのは よかったわぁ~」と喜んでいただきました。

施工例08

据置型だと予算オーバーのところ、壁掛型+据置台で予算内で交換完了

神奈川県平塚市S様邸

2穴から1穴への変更作業でした。
構造上、壁に掛けることができず据置せざるおえませんが、据置型では予算オーバーになってしまうという問題がありました。
そこで、壁掛型+据置台という組み合わせでご希望の給湯器を予算内に抑えて設置することができました。
お客さまも大変満足していらっしゃいました。

施工例07

リンナイ ガス給湯器 エコジョーズRUF-E2004SAW

エネルギーの無駄使いや環境配慮で、迷わずエコジョーズに

横浜市金沢区 U様邸

現在の給湯器の故障の症状は、リモコンの電源は入るが、お湯の蛇口を開いても、燃焼ランプがつかないというものでした。
リモコン端子台の電圧を測定したところ、既定の電圧がありましたので水量を検知するセンサー、または基盤と判断し、メーカーに修理を依頼した場合の概略と、新しい給湯器に交換した場合の概略を説明しました。
お客さまは17年ご使用の給湯器に対する愛着と感謝が伝わってきて、思わず聞き入ってしまいました。ありがとうございます。
ですが敢えて、熱効率不足によるエネルギーの無駄使い、温度のばらつき、多量のCO2の排出などをご説明すると、迷わずエコジョーズをお選びになりました。
お客様がエコジョーズをお選びになると、私どもも環境保全の手助けをしているような気持ちになれます。もちろんエコジョーズでなくても従来品に比べ今の給湯器はエコになっています。それでも私どもはお客様にエコジョーズについてもご説明することは使命だと実感しました。

施工例04

据置型から壁掛型への切替えで、掃除もしやすく大満足

三鷹市H様

既存の給湯器は据置式でしたが、
今回、給湯器を壁掛型に変更いたしました。
以前は給湯器の下に枯葉が溜まってしまい大変お困りだったとのことでした。
今後は掃除もしやすくなると喜んでおられました。

施工例05

壁掛型+据置台で施工、壁の穴あけは最小限となりました。

東京都世田谷区I様邸

今回は壁掛型+据置台で施工しました。
この施工を選択する理由としては主として以下の3つがあります。

・総額が安価になる場合がある
 同じ給湯器で据置型が壁掛け型と金額差が大きい場合は
 壁掛型に据置台をプラスすることで、
 据置型よりも費用を安く抑えることが可能な場合があります。

・壁に穴をたくさんあけたくない or 外観に配管が見えるのが嫌だ
 壁掛けにする場合、8ミリ前後の穴を5~6本開ける必要がある。
 据置の場合は、3本開ければOKです。
 また、壁掛けの場合は配管が全て見えるので配管を隠したい場合は
 据置を選択するのも得策です。

・設置場所の構造上の問題等で、壁に設置できない。
 設置場所や壁の強度などの問題で、据置きしか選択できない場合もあります。

施工例06


お問合せはフォームこちら
ご相談、見積依頼、お問合せは今すぐ
ページの先頭へ